【仮想通貨】「SafeMoon(セーフムーン)」の特徴とは?基本情報や購入方法なども解説!

Crypto(仮想通貨)

SafeMoon(セーフムーン)が気になる人「保有してるだけで自動で資産が増えるSafeMoonについて詳しく知りたい。」

仮想通貨市場は日々成長しており、それに伴い新しい通貨が増加しています。

SafeMoonは最新のコインで、ビットコインやイーサリアムなどが高値更新してる中でも今最も急速に成長している仮想通貨の一つです。

また、SafeMoonは保有しているだけで資産が勝手に増える機能を持っており、ガチホ勢には有難いですよね。

今回はSafeMoonの特徴や基本情報や買い方なども解説していきたいと思います。



SafeMoonとは何か?

SafeMoonに関する情報をまとめていきます。

通貨名SafeMoon(セーフムーン)
現在の価格(2021年5月時点)0.0005446円
時価総額(2021年5月時点)約3187億円
時価総額ランキング(2021年5月時点)202位
公式サイトSafeMoon

SafeMoonはアルトコインです。ビットコインとほとんど同じブロックチェーンベースで開発されている仮想通貨でもあります。

2021年3月にローンチされ、すでに200万人以上のユーザーが保有しています。

SafeMoonの魅力的な機能は、トークンを購入・売却するすべての人に金額の10%の手数料を請求することです。その後、この料金の5%が他のすべてのSafeMoon所有者に再分配され、自動的に報酬がもらえる仕組みになっています。

保有しているだけで自動的に報酬がもらえる通貨は少ないですし、ガチホ勢にはうれしい通貨ですね!

価格も2021年5月時点ではかなり安価で、価格が少しずつ上に向いている状況です。まだ新しいコインですが、発行されてから1ヵ月ほどで約60倍以上の値上がりを見せました。

また、5月10日にニューヨークのタイムズスクエアに仮想通貨に関する看板が登場し、「世界で最も急速に成長している暗号通貨」と宣言するメッセージが表示されました。

SafeMoonの特徴とは??

SafeMoonの特徴はやはり保有しているだけで自動的に報酬がもらえることですね。

この機能が現在のSafeMoonの売りと言ってもいいと思います。

ほかは燃焼システムといった特徴があり、燃焼システムとは定期的にSafeMoonを燃焼(バーン)してSafeMoonの希少性を上げる機能も存在します。

保有してるだけで資産を増やしていきたい方にも向いている通貨だと言えます。

SafeMoonの価格急騰要因

上の画像はCoinGeckoのチャートデータです。SafeMoonは2021年3月あたりにローンチされたばかりなので、まだまだ安値ですね。

4月20日あたりに高騰し始め、様々な著名人やインフルエンサーがSafeMoonに目をつけたことで高騰した可能性があります。

例えば、ツイッターで500万人のフォロワーがいるラッパーのリル・ヨッティ氏が「SafeMoonは上昇すると言っただろう」とツイートしたり、ユーチューバーのジェイク・ポール氏も、400万人近いフォロワーに向けてSafeMoonに言及していました。

また、2021年に入ってからDeFiやNFTの通貨が流行り、大手取引所バイナンスを使っての取引だけではなく、DeFiやNFTの取り扱い数が多い分散型取引所(DEX)を使って取引する方が増えました。

その分散型取引所で安い通貨探しをする方も増えているのでその要因も考えられます。

SafeMoonが購入できる取引所

SafeMoonを購入するには分散型取引所「PanCakeSwap」や「BitMart」「WhiteBit」「Gate.io」「Burency」「ZBG」「HotBit」「MXC」で購入可能です。

どれも機能も豊富でなので、今後利用する際にも役立つと思います。

PanCakeSwapはBSC(バイナンススマートチェーン)というプラットフォーム上に構築されたDEX(分散型取引所)で、大手仮想通貨取引所の「バイナンス」がプラットフォーム設計しました。

取扱通貨数も多く、手数料も他の分散型取引所に比べて安いのでオススメです。

デメリットとしてはPanCakeSwapは始めるまでに手間なのと、初心者には難しい点がいくつかあります。

PanCakeSwapは購入するまで複雑なので、別の記事で説明します。

PancakeSwap(パンケーキスワップ)の使い方・購入(交換)方法を解説します!
PancakeSwap(パンケーキスワップ)の使い方・購入(交換)方法を解説します!

 

もう一つの買い方はPanCakeSwap以外に紹介しました7つの海外取引所での購入です。

購入するには国内取引所の口座が必要です。

まだ国内取引所の口座を持っていない方はとりあえず口座開設しましょう。

国内の仮想通貨取引所で通貨の取扱い数も多く、扱いやすさも抜群なのはコインチェックです。

日本で仮想通貨をやっている方ならほぼコインチェックの口座はひとまず持っていると思います。

  1. コインチェックにて口座開設する
  2. コインチェックに入金してビットコインを購入する
  3. 海外の仮想通貨取引所へビットコインを送金する
  4. 送金したビットコインを使ってSafeMoonを海外取引所で購入する

海外の仮想通貨取引所で購入したい方はコインチェックの口座開設をして、ビットコインを購入・送金をし、海外取引所でSafeMoonを購入してみてください。

【仮想通貨】コインチェック(Coincheck)の評判は?メリット・デメリットを解説!!
【仮想通貨】コインチェック(Coincheck)の評判は?メリット・デメリットを解説!!

SafeMoonに関する情報:まとめ

SafeMoonが今後どういう動きをしていくのか不明ですが、多くの方が注目しているのは間違いありません。SNSや仮想通貨のコミュニティを見ていてもSafeMoonの話題があがっています

SafeMoonには保有しているだけで自動的に報酬が手に入る機能もあるので、かなり魅力的な通貨として今後さらに注目される可能性もあります。

また、今なら(2021年5月時点)価格が安いので、多くのSafeMooonを持つことが可能です。

1万円で購入しても約21000000SafeMoonを保有することができます。

今回はこれで以上になります!



コメント

タイトルとURLをコピーしました